積もりに積もった過払い金を取り戻しましょう|まさかの返金額

婦人

払い過ぎた利息は取戻せる

紙幣と電卓を持つ男性

弁護士におまかせ

消費者金融からかつてお金を借りていて、29.2%に近い金利で5年以上取引をされていた方は、過払い金が発生している可能性があります。利息制限法では20%を超えると違法な金利となるので、払う必要のないお金であり取り戻すことができるのです。取り戻す手続きですが、個人でも行うことができます。しかし、自分で書類を揃え消費者金融と交渉し、和解に至らなければ訴訟になることもあります。そうなると静岡の裁判所に出廷しなければならず、1回で終わることはなく数回静岡の裁判所に通うことになります。時間と労力を要する覚悟をしておく必要があるでしょう。しかし、そんな時に静岡の法律事務所に相談すれば、すべて弁護士が手続きを代行してくれます。過払い金に関しては個人だと相手にしない業者もありますが、法律事務所に依頼しておくと無視される心配がなくなります。

完済をしてからの方がよい

静岡にお住いの方で、過払い金請求を検討している方は、残債がある状態で手続きを行うのではなく完済をしてから行った方が有利になります。その理由は、完済されている方は法律事務所によるものの、着手金無料で手続きを代行してくれるところが多いからです。また、取り戻した金額から成功報酬を支払わなければならないのですが、取り戻した過払い金の中から支払われるのが一般的です。そのため、実質手元から出ていくお金は0円で過払い金請求手続きをすることができるのです。残債がある状態だと、場合によっては信用情報に事故がつくことがあるのですが、完済をしている場合は既に終わった債権ですので、自己情報がつまりブラックになることがなく手続きができます。

親権や財産分与の相談

説明

不倫で離婚する際の親権の決定に、法律的な知識が豊富な弁護士は、第3者として適切です。また夫婦は財産を共有していますが、非共有物も存在します。このような夫婦の財産を分与することも、弁護士は得意にしているため、相談すると便利です。

もっと読む

借入と利息の上限

電卓と紙幣

借入などで支払った利息のうち、法律の規定する年利率の上限を超えた部分を過払い金と言い、貸金業者に対して返金を請求できます。返金の手続きは、借りた本人が行なえますが、弁護士等の専門家に委託する方が賢明です。この場合は、居住地または勤務地が横浜であれば、横浜の法律事務所を訪れて相談すれば良いです。

もっと読む

専門の弁護士がいます

木槌と法律書

都心部である東京なら、法のプロフェッショナルである弁護士に離婚相談を依頼することが出来ます。中々解決しない男女間のトラブルも納得する形で解決することが出来るでしょう。親権争いなどに決着をつける為にも、専門科の知識が必要です。

もっと読む