積もりに積もった過払い金を取り戻しましょう|まさかの返金額

メンズ

親権や財産分与の相談

説明

以前までの不倫は、男性が行うほうが多い状態でした。これに対して現在は、男女を問わず不倫を行うことが増えています。ところが不倫は、法律的に離婚の対象になることが定められています。結果として現在は、不倫による離婚が増加するようになりました。しかし夫婦が離婚をするためには、いくつかの課題をクリアすることが必要です。そうした離婚の際の課題の一つが、子供をどちらが育てるかという親権です。親権は子育てをという観点から、夫婦だけの問題ではありません。そのため親権は、第3者を介して決定されることが多くなります。その点で弁護士は、法律的な知識が豊富であることから、第3者として適切な人材です。したがって親権を争う離婚では、弁護士に相談すると確実です。

また夫婦が離婚をする際には、財産分与がよく問題になります。まず結婚している夫婦は、財産を共有している立場です。例えば結婚後に購入した住宅は、夫婦の共有財産と認められます。この場合の収入源は、妻が専業主婦をしていて、夫の給料だけで購入しても同じ扱いです。しかし夫婦であっても、結婚前に所有していた財産も存在します。例えば妻が結婚前に勤務していれば、数百万円を貯金していることも珍しくありません。こうした結婚前に所有していた財産は、夫婦であっても共有物ではありません。このように夫婦の財産は、共有物と非共有物に分かれます。ところがいったん結婚すると、それらが曖昧になりがちです。このような曖昧な夫婦の財産を、上手く判断して分与することも、弁護士は得意にしています。したがって不倫による離婚に伴う財産分与も、弁護士に相談すると便利です。